事例

企業属性:サービス業

CEOコーチング開始前

社長:二代目社長。先代が築いた強固な基盤の上に事業は安定的に回っている。でも、自分として何を目指していいのか分からない。今の事業をきちんと守らないといけないのはわかるが、自分としてのカラーも出していきたい。
会社:今のところ、事業は問題なく回っている。業績はまずます。でも、これ以上良くなる兆しもない。ずっと今のままかもしれない、と社員も将来に関しては不安を感じている。

CEOコーチング実施中

社長:過去に縛られずに自由に考えていいのだと理解して、楽しくなってくる。今までに考えたことがないことを思いつくようになり、チャレンジしたいと思うようになる。
会社:社長の想いと社員の願いの接点が見いだせるようになり、事業の歯車が噛み合い始める。社員の表情が明るくなる。

CEOコーチング実施後

社長:会社を引っ張るリーダーシップが備わってくる。現場を知りつつも、全体を俯瞰することができるようになる。権限委譲を行い、自分自身はより抽象度が高い仕事をこなせるようになっている。
会社:顧客の支持を得て業績が飛躍的に伸びている。会社の魅力が高まり、採用力が大きく向上。銀行からの評価も高く、融資も好調。

ページ上部へ戻る