パーソナルコーチングとは

パーソナルコーチングとは

パーソナルコーチングは、クライアントがコーチとのPtoP(パーソン・トゥー・パーソン:1対1)の空間で、脳の効果的な使い方を学ぶために行うものです。
その内容は大きく二つの部分に分かれます。

一つ目は、脳の使い方を学ぶ部分です。
クライアントはコーチからゴール達成のための脳の使い方を学びます。脳の効果的な使い方は1980年代以降、急速に確立されてきていて、その内容はコーチング理論、認知科学、心理学などで幅広く説明されるようになっています。その理論と実践的な活用方法を学ぶことで、それまで経験に基づいて行っていた日々の判断や行動を大きく改善することができます。
脳は人間が行う全てのことの起点ですので、何をやるにしてもその使い方を向上させると成功への最短距離を進むことができるようになります。

二つ目は、コーチが直接的にクライアントに働きかける作業です。
すでに認知科学や心理学で証明されているように、人間は場を共有することで相手が感じていることを無意識レベルで感じ取ることが分かっています。
そのため、脳の使い方の達人であるコーチと一緒に過ごすだけで、そのコツは伝授されるのですが、コーチングセッションの形でコーチが目の前のクライアントだけに集中する状態が生まれると、クライアントが吸収する度合いは圧倒的に高まります。結果、短時間でクライアントの「脳活用力」は飛躍的に高まります。
クライアントが抱えている課題についてコーチと話をしているだけで解消されていくのもこのためです。

パーソナルコーチングでは、コーチはクライアントが自ら理論と実践について学ぶのをサポートするとともに、直接的にクライアントに脳の使い方を体験させます。
クライアント自身で、そしてコーチが直接的に、脳の使い方を向上させていくために成果が上がるのです。

GOLD VISION

思い描いた未来が現実になる
ページ上部へ戻る